ホワイトデーお返し:お菓子別の意味まとめ!無難は王道チョコ!


バレンタインのお返しといえばホワイトデー。いつもお返しに迷います。

バレンタインは「生チョコ」や「トリュフ」など、チョコがかなりのシェアを誇っていますよね。

ホワイトデーもチョコのシェアは大きいのですが、キャンディーやクッキー、マコロンやマドレーヌなど、チョコに負けないくらい、他のお菓子も目立っているのも事実。

調べてみると相手に渡すお菓子によってそれぞれに意味があることがわかりました。何を渡そうか迷った際はぜひ参考にしていただけたらと思います。

それでは早速見てみましょう!

Sponsored Link

各お菓子の意味

告白する時・恋人系まとめ
キャンディー

意味:あなたが好き!付き合ってくださいっ!

キャンディーを口の中で長く転がすように、長く付き合える(交際)ようにと意味が込められています。

告白する時や既に彼女やパートナーがいらっしゃる方にはオススメなお菓子だと思いますよっ!

マカロン

意味:あなたは大切・特別な人です!

マカロンは今でこそオーソドックスなお菓子になりつつありますが、それでもお菓子の中では値段が高い部類に入るかと思います。1つ300円くらいしますもんね。

そんな少しプチ高級なマカロンを渡すことで、「君は特別だよ」と表現することができます。既に彼女やパートナーがいらっしゃる方にオススメなお菓子だと思います。

キャラメル

意味:あなたといると落ち着く

キャンディーと同じような意味合いのキャラメルですが、上品なキャラメルの口どけで心が和むように、心の落ち着きを表しています。オシャレに決めたければ生キャラメルなどを渡すのが良いかもしれませんね。

友達・職場系まとめ
クッキー

意味:友達だよ〜!これからもよろしく!

甘さ控えめで多種多様なクッキーは友人の中の一人でいてね!と表すことができるそうです。その為友人にはクッキーが無難かもしれません。

ただ、そこまで厳密に友人にはクッキーではなく、職場に配る際にもちょうど良いお菓子かなと個人的には感じます。

チョコレート

意味:特に深い意味はないそう。

バレンタインで主役になりすぎたのか、ホワイトデーでは特に力を発揮しないチョコさんですが、多種多様な上、意味が特にないのであればいろんな場面で使えそうですね!

・・・やっぱりチョコは万能や。。。

渡しちゃいけない系
マシュマロ

意味:あなたの事嫌いです。

元々はマシュマロデーと言われ、現ホワイトデーの礎となったお菓子ですが、それはマシュマロが珍しかった頃のお話。

現在は、口の中で溶けてすぐなくなる特徴から、なぜかあなたが嫌いですとなっているそうです。

Sponsored Link

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ホワイトデーのお菓子選びに少しでも貢献できたなら光栄です。

やっぱりチョコってすごいですね。

どうしてもって時はチョコにすれば大丈夫かなと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました!

ホワイトデーでお渡しされる方、想いが伝わりますように!

ではでは!masayan.

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする