関ジャニ∞大倉:ブログで一部ファンのストーカー行為に限界か?


関ジャニ∞のメンバーとして第一線で輝き続けている大倉忠義さんが11月8日、ジャニーズウェブ内のブログにて「賛否あるだろう事を分かった上で書かせていただきます」と前置きをした上で、一部ファンのストーカー行為ともとれる内容を綴っており、ネットで大きく騒がれています。

Sponsored Link

関ジャニ∞:大倉忠義さんブログで「そろそろ限界」

ブログの内容には、「出待ちの際に、一般の人に体当たりをする迷惑行為」や「突然手を繋いでくる」「カバンの中に手を入れられる」など常識的にはありえない行為を体験してきた旨を赤裸々に綴っています。

友人と食事した際に、空港にいたりするファンの方が隣に座っていることもあったそうです。

そのような行為をおそらく日常的に身にしみて体感しており、大倉さんが今回ブログで訴えかけたのだと個人的に感じています。

「これはストーカー行為ではないのか」「男女逆なら良いのか」と読者に問いかけ、「そろそろ限界」「寿命が縮んでいっているようにも感じる」と心境も語っています。

テレビやライブで見る大倉さんは笑顔で元気でパワフルなイメージがありますが、その裏で有名人だからこそですが、ストーカー行為と思ってしまうような一部ファンの行為に精神的に追い詰められていたんですね。

それを考えた時点で非常に胸が痛みました。それと同時に、僕じゃ耐えられないかもしれない事を体感しながらも、仕事もこなしている大倉さんは本当にプロフェッショナルな人なんだなとも感じました。今回ブログで綴っていたことは決して最近だけのことではないはずとは思いますしね。

今回「そろそろ限界」と綴られており、芸能界引退を示唆するような内容も書かれていました。一部ファンの行為に追い詰められこのまま引退してしまうのでしょうか。それは本当に可哀想ですよね。

Sponsored Link

ファンのあるべき姿とは?

例えば、空港やテレビ局などで出待ちなどすることに関してはファンとしての姿だとは思います。しかし、大倉忠義さんがブログでも綴っているように、他のファンの迷惑になる行為や、カバンに手を入れてくるなどは本当に恥ずかしい行為でストーカーと言われても仕方ないだろうと感じます。好きな芸能人を前に理性を保つのは本当に難しいことだとは思いますが(実際僕も好きなアーティストが来日した時本当にテンションMAXでした)、節度は守って行動して欲しいですね。

まとめ

今回は大倉忠義さんの悲痛な訴えを簡単ではありますがまとめさせてもらいました。僕は関ジャニ∞のファンというわけではないですが、大倉忠義さんのドラマや、テレビに出ている姿をよく目にするので、これからも頑張って欲しいなと思います。

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました。また更新するのでよければ見にきてくださいね。

ではでは!

masayan.

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする