十二人の死にたい子供たち出演:とまん(俳優)が3つの理由で炎上?


2019年1月25日公開の映画「十二人の死にたい子供たち」の13人目がモデル兼俳優の「とまん」さんと発表され公開前から更に話題になっています。

今回はその映画の中で重要な役を演じるとまんさん。調べてみるといくつかの理由で炎上した事があったようです。今回はとまんさんの炎上した3つの理由と、あとはプロフィール、まとめさせてもらいました。

それでは早速見てみましょう!

Sponsored Link

とまんのプロフィール

氏名:佐々木とまん(本名)
生年月日:1993年9月14日
出身:宮城県
血液型:A型
身長:163cm
体重:41kg
事務所:プラチナムプロダクション

小さい頃から目立ちたがり屋で、芸能界に入れる自信を常に持っていたそうです。

宮城県仙台市のファストファッションブランド「WEGO」でアパレル店員として働いた後2014年に上京し、読者モデルとして活動を開始します。

「ジェンダーレス男子」その言葉を最近よく耳にしますが、火付け役といってもいいほど、とまんさんがジェンダーレス男子として注目されます。

そして、2015年から2018年まで読者モデルで構成された音楽ユニット「XOX」でアーティスト活動も並行してされていました。

2016年には加藤ミリヤさんの「Future Lover -未来恋人-」のPVにも出演されています。

Sponsored Link

3つの炎上した出来事

①トークアプリでの発言

755というトークアプリにて、ファンに向けた発言が1部で炎上する事態に。
都内のイベントが多く、地方のファンが「東京組はずるい」この発言に対して、

「東京組がずるいと思うなら会いに来て欲しい」
「学校、仕事も休んで来て欲しい」
「お金を作って会いに来て欲しい」

とコメント。

勿論、個人の考えがちゃんとあってのコメントですが、1部の方を怒らせてしまったそうですね。勿論擁護されるコメントなどもあったそうですが、両意見とも感謝してます。ありがとうございますとアプリでは終わったそうです。

東京の人は地方に比べて確かに足を運びやすいけれど、楽して来てるわけじゃない。頑張って逢いに来てる。地方からだって毎回来てくれる人がいる。だから、地方の子の来れない人が東京組はずるいと言っているのがすこし疑問に思っての意見だったようです。

②さんま御殿での発言

さんま御殿に出演したとまんさんは

「歳をとっても清潔感やスタイルを気にしたい」と持論を展開。
その後「太っている方や髪の毛の薄い方が理解できない」とコメントし
カンニング竹山さんには、「メリットがないのに、なんでそれでいるんだろう」とコメント。

とまんさんはTwitterにて、カンニング竹山さんに謝罪をしてはいますがこの発言でも炎上。

「メリットってうるさい」
「とまんにいらいらする」
「常識がない」

と1部で辛口コメントがSNS上で溢れましたが、確かにこれは見ている人からするとあまりいい気分ではないですよね。様々な理由があるんですから。

ただ、自分の意見をこんなご時世にスパッと言えるとまんさんの性格も評価する所はあるのではないかなとは思います。

③雑誌で辛口コメント

雑誌内の女の子のデート服にダメだしをする企画で炎上しています。読者モデルのこんどうようぢさんと会話形式でコメントが記載されているのですが、

「出かける前に鏡見た?って思う(笑)」
「靴と靴下のバランスが悪い。この丈、なに?」
「露出度高くない?ダンスの大会ですか?w」
「コーデが幼過ぎない?年齢のわりにさー。」

等とズバズバコメント。勿論そういう企画なので致し方ない部分はあると思いますが、謝罪する事態に発展。

とまんさんは

「普段僕ら自身、自分が着たい服を着させて頂いているのでみなさんも何を着てても良いし、好きな服を着るのが一番良いと思います」と謝罪しています。

まとめ

今回はとまんさんの炎上についてまとめさせてもらいましたが、これらを乗り越えて2019年話題作に出演するとまんさん。これからどのように俳優として飛躍していくのか楽しみですね。

最後まで読んで下さりありがとうございました。また更新させていただきますね。

それでは!

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする